今日は稚内からフェリーに乗って隣島へ

 

天気はあいにくの雨・・・

 

フェリーターミナルまで歩いて行こうとしたら宿のお母さんが

そっちまで用事あるから乗ってきな!って乗せてくれた!

 

 

(ちなみに自転車ごといらない荷物は緑湯で預かってもらってます)

20190702 1

2時間の舟旅スタート!目指すは礼文島!

20190702 2

京都からの船旅に比べたらあっという間に到着

20190702 4

やってきました礼文島!

 

ここにきた目的!!!

 

そう!!!

 

日本三大バカユースホステル!?と言われてる宿の1つ

 

その名も 「桃岩荘

 

歌って、踊る。

 

日本一周計画していた時から絶対ここは行ってやる!!!と決めてずっと楽しみにしていた場所の1つ!!!

 

というちゃくしたら宿のヘルパーさんが旗を持ってお出迎え

「おかえりなさあああああああい!」と笑顔でお出迎え

 

戸惑いながら不思議な気持ちで「たっ、ただいまぁ〜?」20190702 5

外に出ると車のお迎え

 

ちなみにこの車名前は「16号」

20190702 6

車の中は私と桃岩荘初めてのおじさんにヘルパーさん2人

ちなみに旗を持ってお迎えに来てくれたゲス子(桃ネーム)

運転手はオービス光(桃ネーム)

なんとも変わったニックネーム

 

他にはバイクで来てたおじさん2人は車の後に続いて出発!!!

 

するかと思いきや・・・。

 

「はい!この車、ある合言葉を言わなければ出発できませ〜ん」と・・・。

 

合言葉は 発車、「オーライ」!!!!!

 

大きな声で言わなきゃいつまでたっても出発しません(笑)

 

TAKE2  ようやく出発(笑)

 

桃岩荘までは車で15分くらい

出発後は礼文島の説明をしてくれた

ちなみに礼文島、2000m、3000、級の山でしか見られない高山植物がなんちお海抜0mから見られるなんとも素敵な島!!!

 

この時期はお花をめがけて多くの観光客が押し寄せるそう!

 

そんな説明を聞いていると・・・トンネルに入る・・・。

ただのトンネルではない・・・。

 

新桃岩トンネル又の名を新桃岩タイムトンネル!!!!!??????

このトンネルではあるものを捨てなければならない・・・。

 

「知性 教養 羞恥心」

 

ポーイ!!!!!とヘルパーの掛け声でその3つを投げ捨てる

 

そしてもっと大変!!!

 

タイムトンネルと言われる理由。

ここは日本で唯一時差が発生する場所:桃岩時間の発生!?

 

館内の時計は全て、標準時間より30分早く進んでおり、桃岩荘での行動は全て桃岩時間での行動になるとのこと。。。

 

なんだか不安な気持ちと、頭の中の混乱でよくわからないまま桃岩荘に到着

20190702 12

桃岩荘では「ただいま」「おかえりなさい」が基本的な挨拶!

20190702 13

みんなで声を合わせて「ただいま〜〜〜!!!」と扉をオープン!!!

 

「おかえりなさ〜〜〜〜〜〜〜〜い」

 

みんなの元気すぎるお出迎え

 

その後チェックインを済ませ館内の案内

20190702 7

 

ニシン番屋として使われていたそう

館内はすっごく綺麗

 

荷物を降ろしゆっくりしてると 次のフェリー到着便のメンバーが!

今度はみんなと一緒にお出迎え

 

「おかえりなさ〜〜〜〜〜〜い」

 

20190702 22

こんな感じでみんなを全力でお迎えしてくれる所

 

桃岩時間の19時半までにお風呂とご飯を済ませ

夜は毎晩行われているミーティングの時間!!!

 

歌って踊るミーティング!!!

20190702 24

男性ヘルパーさんの愛のこもった礼文島の説明に熱い歌とみんなで踊る楽しい踊り

ブログでは書き表わしきれない内容・・・!!!

全力で楽しんだから写真なんて1つも撮ってない!!!

 

 

ミーティングの後は明日のトレッキング参加者の説明会

その名も「愛とロマンの8時間コース」

礼文島を端から端まで満喫するトレッキングコース!!!

20190702 28

明日は桃岩時間の5時半ごろに起床、約32kmのトレッキングに行ってきます〜!

 

天気が良くなることを願いながら

朝も早いのでもう寝ます。おやすみなさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い

 

 

 

 

 

 

 

本日の走行距離 0km

総距離     1536.0km

フェリー 稚内〜礼文島

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へにほんブログ村↑ にほん村ランキングに参加中!クリックするだけでおっけー!お願いします!